12月から生産・出荷停止していた日産ルークス、三菱eKスペース、eKクロススペースがようやくリコール&2月11日生産再開へ

12月から生産・出荷停止していた日産ルークス、三菱eKスペース、eKクロススペースがようやくリコール&2月11日生産再開へ

こんにちは!
sorairoです。

以前12月から日産ルークス、三菱eKスペース、eKクロススペースの生産・出荷・登録が止まってるって記事にしましたが、

2月に入ってようやく正式にリコール及び生産再開のお知らせが日産、三菱自動車両社から正式に発表されました。

衝突試験の一部条件下でエアバッグ性能が想定通りに発揮されない可能性が判明してようやく原因の特定と対策の確定したそうです。

それを受けて生産と出荷を2月11日(金)より再開、既に販売している車両につきましても、近日中にリコールの届出を行う予定とのことです。

リコールの可能性があるのに2ヶ月間既存のオーナーにはなんの告知もなく、
注文した人にも説明もなくいままで放置ってどうなんだろうなって思いました。

ちなみに三菱自動車は被害者で日産が情報を出さないから2ヶ月の無視を付き合わされることになったそうです。

 三菱自広報担当によると20年12月以降に生産されたのはルークスが7万3000台規模、eKスペースとeKクロススペースが計1万3000台規模とした上で、具体的なリコール対象台数は精査中とのことで結構な規模のリコールになりそうですね。

調査が難航してたとは思いますが、顧客軽視な対応に思いました。

それでは、また!

created by Rinker
キーパー技研(KeePer技研)
¥1,980 (2024/06/12 22:53:21時点 Amazon調べ-詳細)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK