新型N-BOXに27インチ自転車の載せ方・積み方は?

新型N-BOXに27インチ自転車の載せ方・積み方は?

こんばんは!

カタログやHPで27インチの自転車も楽らく積める新型N-BOXというキャッチフレーズ文言やイメージ写真を見たことがありますが、実際に積んだことはまだありません^^;

あまり積む機会はないですが、載せるとしたら自転車がパンクした時にN-BOXに載せて自転車屋まで運ぶときくらいかなとは思いますが、
Twitterのフォロワーさんが実際に新型nboxカスタムに27インチの自転車を乗せたツイートをUPされており参考になりました^^


27インチに自転車を積み込んでも助手席もなんとか乗れそうとのことで、注意事項としてはハンドルが天井に擦る可能性があるのでタオルなどで巻くといいとのことで、参考になりありがとうございました^^
下が傷つかないようにビニールシートを敷くのもナイスアイデアですね♪

折角なのでN-BOXに自転車を積み込み方についてネットで調べてみました^^

まずはN-BOXのホンダHPから。
”後席下に燃料タンクがない独自設計ならではの低い床、高い天井。自転車を積む時も高く持ち上げる必要はありません。”

低床設計で地上高47cmなのであまり持ち上げなくても乗せやすいそうです。

載せ方としては後部座席を倒してフラットにして、前の隙間にタイヤを入れる感じで乗せるようです。

画像の自転車は、27インチ自転車(全長182cm 全幅56cm 全高103cm)です。

続いては旧型N-BOXですがHonda Cars 花園さんがYoutubeに動画をUPされておりわかりやすかったです。
【HONDA N-BOX】 27インチ自転車の積み方(ホンダ エヌボックス)

やはり前輪を隙間に挟んで載せる感じですね。

新型N-BOXについてはHonda Cars埼玉中上尾中央店のスタッフブログで新型NBOXスタンダードモデルに自転車を実際に積んでみた記事がUPされていました


あまり持ち上げなくても確かに載りそうです^^

自転車搭載後はこんな感じ。

最後は、Honda公式ページでこちらも旧型N-BOXですが参考になるページがありました。

自転車を搭載・移動擦る際には便利な3つのアイテムがあるそうです。
■カーゴライナー
■インテリアガードパネル
■タイダウンベルト

■カーゴライナー
シートの汚れや、リアバンパーを傷や汚れから守る専用シートですね。

ホンダ純正アクセサリーとして専用品が用意されています。

良さげですが、ちょっと高いのと普段は外したいので微妙かなあ。。

■インテリアガードパネル

天井に取り付けるパネルで、旧型N-BOXにはアクセサリー設定があったようですが、新型はまだ見当たりませんでした。

ただ頻繁に載せるのではなければ見栄え的にも微妙ですし積極的にはつけたくはないかなあ^^;

■タイダウンベルト

自転車や荷物がずれないように固定するベルトですね。

タイダウンベルトという名称も初めて知りました^^;
こちらも純正アクセサリーとして用意されています。

これは一つ持っておいてもいいかも^^

といった感じで、今日はN-BOXへの自転車の積み込みに関して記事にしてみました。

それでは、また!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK