【ブリザックVRX2 vs アイスガード6】新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【タイヤ最終ジャッジ編】

【ブリザックVRX2 vs アイスガード6】新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【タイヤ最終ジャッジ編】

こんばんは!

引き続きスタッドレスタイヤとホイール選びです。

タイヤ編で以下の2つが性能的には抜けているかなということでどちらを選ぶか最終ジャッジ編です。

■ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴイアールエックスツー)
■ヨコハマタイヤ iceGUARD 6 iG60(アイスガード シックス)

新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【タイヤ銘柄編】

両者の過去モデルVRXとアイスガード5はお値段は魅力ですがやはり最新モデルが製造日や性能的にもよいだろうということで除外しました。
タイヤガーデン川越さんの2つモデルの旧型との比較記事が非常にわかりやすく参考になりました。

■[比較]ブリヂストン BLIZZAK VRX2とVRXの違い[スタッドレス試乗レビュー]

■[比較]iceGUARD6(アイスガード6)とiceGUARD 5 PLUS(アイスガード5プラス)の違い

ブリザックvrx2とアイスガード6の口コミや評価、感想を調べてみました。
■ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴイアールエックスツー)

■ヨコハマタイヤ iceGUARD 6 iG60(アイスガード シックス)

■3分でわかる!! 「非降雪地域」「コスパ」「性能重視」などシーン別のおすすめスタッドレスタイヤ

■日本国内の雪道で右に出るものナシ!! 最強スペックはこの2択
→『ブリヂストン ブリザックVRX2』
→『横浜ゴム アイスガード6』

■VRX2とアイスガード6の比較

同じくタイヤガーデン川越さんのスタッドレスタイヤ比較記事が良記事でした。


記事の中の代表的な以下のスタッドレスタイヤ比較一覧表がとてもわかりやすかったですね。
・ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴイアールエックスツー)
・ヨコハマタイヤ iceGUARD 6(アイスガード シックス)
・ミシュラン X-ICE3+(エックスアイス スリープラス)
・グッドイヤー ICE NAVI 7(アイスナビ セブン)
・トーヨータイヤ Winter TRANPATH TX(ウィンター トランパス ティーエックス)
・ダンロップ WINTER MAXX 02(ウインターマックス ゼロツー)

ブリザックVRX2とヨコハマアイスガード6の2モデルならどちらを選んでも安心ですが、
最終的には何を重視するかで選べば良いかなということで、個人的に結論がでました。

■ブリヂストン BLIZZAK VRX2(ブリザック ヴイアールエックスツー)

は信頼感、ブランド、安心感ではNo.1だが少し高い。
豪雪地帯、氷上性能だとVRX2に少し分がある。
雪がない通常走行時の安定感や静寂性も高いがアスファルト舗装路だと少し減りが早い。

■ヨコハマタイヤ iceGUARD 6(アイスガード シックス)

はブリザックと同程度の性能があるがブランド力で劣る分少し安い。
静寂性も高く燃費性能もエコタイヤ並に高い。ドライ舗装路での減りは比較的少ない
経年劣化もVRX2と同レベルで固くなりづらい

ということで最終ジャッジは….

ヨコハマタイヤ iceGUARD 6(アイスガード シックス)

に決定しました。

雪道の利用頻度は多くても数回程度なのでドライウェット性能も高く、VRX2より多少安く、雪上性能は同程度、冬場はしばらくは履いているので燃費性能も良いのが理由です。
あとは前のモデルのアイスガード5も履いたことがあり印象も良かったのもあります。

ということで、アイスガード6のタイヤ前提であとはホイールを選んで完了です^^

あと次回で完結予定です^^;

それでは、また!

新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【タイヤ銘柄編】

新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【購入ネットショップ・サイト編】

新型N-BOXカスタムのスタッドレスホイール&タイヤ選び【ナット編】社外ホイールにホンダ純正のナットは流用NGです^^;

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK