新型N-BOXのAピラーに対するこだわり!ミリ単位で太さを検証し良好な視界を確保するために旧型比較で27mm細くなってます^^

新型N-BOXのAピラーに対するこだわり!ミリ単位で太さを検証し良好な視界を確保するために旧型比較で27mm細くなってます^^

こんばんは!

新型N-BOXですが、運転席からの眺めって広々としてて見易いですよね^^

新型N-BOXはフロントピラーにもこだわっていて、Aピラーの見え方を、従来のN-BOXモデルに対し約27mm細くしたそうです。
ワイドな前方視界を提供し、右折時のななめ前方確認がより容易になっています。

細くした分安全性が落ちては意味がないので1180MPa級の超高張力鋼板を採用、ガーニッシュの成形・組み付け方法を最適化してあります。

ドライバー視線で初代の82mmから55mm幅に細くした極細フロントピラーは他のクルマと比べてもかなり細いのではないでしょうか。
ちなみに特許出願中だそうです。

ただもっと細くもできたみたいですが、きもちよく運転できるピラーは、太すぎず、細すぎずバランスが大切だそうです。

ピラーが太いと運転席からの視野は狭くなり、思わぬストレスになったり、
細すぎると守られていない感覚を受け、不安になるそうです。

いちばん快適に運転できるピラーをこだわって工夫したそうです。

こういった細かい工夫の積み重ねで新型N-BOXはできているんでしょうね♪

素敵ですね^^

それでは、また!

新型N-BOX・N-BOXカスタムのベンチシート仕様のみついている便利な装備^^

新型N-BOXに関するメカニズムや技術に関するお気に入りの記事♪

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK