軽自動車のエンジン選択時、自然吸気(NA)かターボかは悩ましい問題ですね^^;

軽自動車のエンジン選択時、自然吸気(NA)かターボかは悩ましい問題ですね^^;

こんにちは!

WebCartopで「軽自動車はターボと自然吸気のどちらのエンジンを選ぶのが正解か」という記事が興味深かったので紹介します。

記事内では、以下のように書かれており、

NAがいいかターボがいいかの答えは単純じゃない。
NAでも思いのほかしっかり余裕で走ってくれるクルマもあれば、ターボじゃないと動力性能的にちょっとつらいクルマもある。

以下のように新型N-BOXのNAモデルの出来の良さを挙げていました

NAモデルで価格を抑え、諸費用も押さえつつ、長距離ドライブにも使える下克上的NAモデルの一例が、最新型のホンダN-BOX。
実際に東京から軽井沢へと走らせたことがあるが、高速走行はもちろん、碓井軽井沢ICから軽井沢へと続く急こう配の坂道(山道)も2名乗車+宿泊荷物でさえ、苦もなく走ってくれたのだからびっくり。
市街地を含むシーンでの走りの上質感、足まわりのしっかり感も軽自動車のクラストップレベルと断言していいほどなのである。

私も新型N-BOXのNAモデルは街乗り試乗レベルですが、非常に良く出来ているなあって感じましたし、

ホンダディーラーに新型N-BOXの試乗へ(中編) ~試乗編~


試乗レポートによると高速や長距離ドライブでも十分な動力性能がありそうですね^^

N-BOXターボモデルについても書かれていました。

もちろん4名フル乗車、長距離を走る機会が多く、予算にゆとりがあるならターボになるかもしれない。
実燃費にしても、車速が上がるほどパワーやトルクに余裕があるため、アクセルペダルをあまり踏まなくても速度を保ちやすく、NAとの差が縮まる傾向にあるのもその理由。

新型N-BOXだとターボモデルとの差20万はなかなか悩ましいですよね^^;

税金も違いがあります
NAモデルのG-ホンダセンシング、G-LホンダセンシングのFFは
エコカー減税・取得税40%、重量税50%、軽自動車税25%低減

G-Lターボホンダセンシング、G-EXターボ ホンダセンシングのFF/4WD
エコカー減税が取得税20%、重量税25%に、軽自動車税軽減なし

今年の軽自動車初税はターボモデルだったので10,500円でしたが、NAの方は8,100円です。
なので諸経費的にはNAが有利ですね。

以前記事にした新型「N-BOX」のモデル別販売状況では、

ホンダ新型「N-BOX」のモデル別販売状況!N-BOXとN-BOXカスタム構成比や販売タイプ、人気カラートップ3など


N-BOXのベースグレードではNAが88%、ターボが12%
N-BOXカスタムでは、NAが69%、ターボが31%

の販売比率となっており、皆さんも購入時はかなり迷われたんだろうなあって思います^^;

新型N-BOXはNAは軽自動車初のi-Vtec,

ターボは軽初のウエストゲート

とどちらも素晴らしい仕上がりなので実際に両モデル試乗してみるのが一番かなと思いますが、新型N-BOXなら基本的にはNA・ターボモデルどちらを選んでも正解なのではないかとおもいます^^

それでは、また!

新型N-BOXに関するメカニズムや技術に関するお気に入りの記事♪

ホンダディーラーに新型N-BOXの試乗へ(中編) ~試乗編~

ホンダ新型「N-BOX」のモデル別販売状況!N-BOXとN-BOXカスタム構成比や販売タイプ、人気カラートップ3など

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK