ホンダF1ラストイヤーの今年の日本GPの開催中止は「日本政府により決定」><

ホンダF1ラストイヤーの今年の日本GPの開催中止は「日本政府により決定」><

こんばんは!
sorairoです。

昨日、鈴鹿サーキットが今年の「開催中止の決断をした」と昨日発表されて、とても落ち込んでいました。

ホンダF1ラストイヤーの今年の日本GPの開催中止はとても悲しく感じていましたが、
鈴鹿サーキットが決めたのなら、コロナの情勢もあるし悲しいけど仕方ないのかなと諦めました。

無観客でもいいので開催してほしかったのが本音です。

ただ今日になって、F1公式サイトは開催中止が「キャンセルされた」といっていますし、
アイルランド紙「アイリッシュサン」は「パンデミックのため、日本政府の要請によりキャンセルされた」と政府の決定で中止が決まったと報道しました。

F1は、第17戦日本GPの開催中止についての声明を発表。「日本のプロモーターおよび当局と協議を重ねてきた結果、日本におけるパンデミックの進行中の複雑な状況により、今シーズンのレースを中止するとの決定が日本政府により下された」

開催のために膨大な時間や関係者と調整を行ってきた鈴鹿サーキットが最終的に判断したのならまだしも日本政府が開催中止の判断をしたってのが非常に納得できないですね。。。

鈴鹿サーキットのこのコメントを読んだあとやるせない気持ちになりました。

2021年10月8日(金)~10日(日)に、鈴鹿サーキットで開催予定でありました「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」(以下、F1日本グランプリ)につきまして、本年度の開催を中止することを決定いたしました。
F1日本グランプリを開催するために設定された期日までに、F1海外関係者の日本入国が確実な状況に至らなかったために、やむなく開催中止の決断をいたしました。
弊社は、Formula1とともにF1日本グランプリ開催に向けて、昨年末より、海外関係者入国受入に伴う、防疫対策・輸送計画・査証申請などの準備を進めてまいりました。この準備は、大きなチャレンジであり、特別な今年のF1日本グランプリを開催するために、膨大な時間をかけて取り組んでまいりました。この準備にあたっては、スポーツ庁などの関係省庁、三重県、鈴鹿市、国立病院機構三重病院、そして日本自動車連盟をはじめ、駐日英国大使館、管轄区域保健所、中部国際空港、関西国際空港、三重県立総合医療センター、鈴鹿中央総合病院、三重大学医学部附属病院、そして近隣ホテル等の協力企業の皆様に、多大なるご尽力を賜り、感謝申し上げます。
私どもにとっても、ファンの皆様と同じく、非常に辛い決断でございますが、昨年来より続く新型コロナウイルス感染症による影響として、ファンの皆様および関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。

株式会社モビリティランド代表取締役社長 田中薫
「非常に苦しく、悔しく、残念な決断となりました。2年ぶりのF1日本グランプリ開催を目指して準備を進めておりましたが、やむなく中止の決断をいたしました。
7年ぶりの日本人ドライバーである角田裕毅選手の凱旋や、HondaF1最後の雄姿をご覧いただきたいという強い思いを持って、開催に向けて膨大な準備に取り組んでまいりました。これまでの取り組みにご理解とご協力をいただきましたスポーツ庁、三重県、鈴鹿市そしてFormula1をはじめとする全ての皆様に厚く御礼申し上げます。
2年連続でF1日本グランプリ開催中止という、極めて悔しい決断となりましたが、我々はこの瞬間より来年のF1日本グランプリ開催に向けてスタートいたします。」

https://www.suzukacircuit.jp/f1/cancellation/

パラリンピックはやるんですよね・・・

あまりに理不尽で悲しかったのでちょっと愚痴ってみました^^;

【公式】SUZUKA CIRCUIT 鈴鹿サーキット F1ステアリング キーホルダー
SUZUKA CIRCUIT

この記事を気に入っていただけましたら♥お願いします♪

ホンダF1ラストイヤーの今年の日本GPの開催中止は「日本政府により決定」><
この記事が気に入ったら「いいね!」Facebookでブログ最新記事の更新情報をお届けします♪
コメント02606 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK