新型N-BOXカスタム購入、契約グレード・内容、納車時期など

新型N-BOXカスタム購入、契約グレード・内容、納車時期など

新型N-BOXカスタム契約日、納車時期

契約時のお話はまだしてなかったですね。
実際に契約したのは11月下旬です。

以前記事にしましたようにN-ONEの下取り額がおもったより良かったので乗換前提でN-BOXの見積り・契約まですんなりと決めちゃいました。

N-ONEを最終的にどこに買取・下取り出すことにしたのか?最終買取金額は・・・

N-BOX以外のクルマは今回全然考えていませんでした。

ホンダだとN-WGNは結構好きなデザインですが末期ですし、N-ONEもマイナーチェンジが発表されていましたし、

他メーカーの軽自動車ですとN-BOXのライバル車のタントやスペーシアですが、

スペーシアは新型発売直前でしたが、東京モーターショーでほぼ市販車がお披露目されており、スペーシアカスタムのデザインがちょっと怖すぎて好みじゃないなあって感じました。

ということでN-BOXの試乗したときの静寂性や、先進性や安全装備を考えるとN-BOX一択でした。

軽自動車では個性的なスズキのハスラーは結構好きなのですが、ハスラーならN-ONE乗り続ければいいかなってのと

普通車になりますが個人的には新型車のクロスビーも価格的には対してN-BOXと変わらないので魅力的ではありましたが、

家族も乗るクルマで街乗りメインなのでサイズは小さいほうがいいということで最終的にN-BOXになりました。

N-BOXの契約グレードは?

今回契約したN-BOXのグレードはN-BOXカスタムで

N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING

になります。

N-BOXノーマルとN-BOXカスタムではデザインがN-BOXカスタムのほうが好きだったのと内装装備など含めてN-BOXカスタムの方を選択しました。

エンジンはNAかターボかですが、NAは新型のi-VTECエンジンの出来がよく過不足感じないエンジンでしたし、
街乗りメインなのでターボが必要かといわれると微妙なのですが、N-ONEと比べると背も高く重量もあるので余裕のあるターボモデルを選択しました。
ターボエンジンには電動ウェイストゲートが採用されているのもいいですね♪

車両本体価格は通常カラーだと1,895,400円ですが、
白と黒のツートンカラーを選択したので1,976,400円でした。

N-BOXのツートンカラーの屋根は手塗りだそうで、手間を考えるとオプション価格の8万はそれほど高くないかもしれないですね。

スーパースライドシートのN-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSINGは1,949,400円でベース価格5万円の違いでしたが、後部座席に移動することもないですし
ベンチシートの方が肘置きが大きく、隙間がないので物が落ちたりしないので使い勝手もいいのと5万円を別のオプションに使ったほうがいいかなことでベンチシートのLモデルにしました。

納車時期は?

納車時期はN-BOXが大人気で工場がフル回転してるが生産が年内に間に合わず年明けになるとのことで、1月下旬納車予定です。
ツートンカラーというのも生産台数が決まっているようで余計に納期がかかるみたいです

ディーラーの見込み発注車があれば納期は早くなるのでしょうがツートンカラーは流石にないようでした。

年内納車だと2017年式になりますが、年明けだと2018年式になるので、まだ納車もしてないですがw、売却時の買取価格が有利になるのでまあいいかなって思ってます^^;

ということで結構待ちましたが、今月ようやく納車予定なのですが待ち遠しいですね~

記事が長くなってきたので、値引きや、乗り出し金額、オプションについてはまた次回書きますね!

 

N-ONEを最終的にどこに買取・下取り出すことにしたのか?最終買取金額は・・・

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK