ホンダ「シビック TYPE R(FK8)」の無限パーツ「カーボンボンネット」&「カーボンウイングスポイラー」のお値段が凄い・・・

ホンダ「シビック TYPE R(FK8)」の無限パーツ「カーボンボンネット」&「カーボンウイングスポイラー」のお値段が凄い・・・

こんばんは!
sorairoです。

先日シビック・タイプRのマイナーチェンジモデルが発売されて、日本国内200台限定販売の「シビック TYPE R Limited Edition」もオンライン抽選販売の10台以外は完売という人気になってますね。

マイチェン前と比べて前後バンパーがスポーティなデザインになったり、サーキット走行性能強化のためにエンジンの冷却性能を向上させるとか機能的にも向上が図られています。

価格は「シビック TYPE R」が475万2000円、「シビック TYPE R Limited Edition」が550万円となっていますが、
イギリス工場閉鎖で現行モデルも閉鎖のタイミングで生産終了になりそうなので今が買いどきかもしれませんね。

次期型シビックはパテント画像が流出してマイルドなアコード顔になりそうです

今のマッスルな感じのデザインのシビック・シビックタイプRが気に入ってる方は現行買われたほうが良いかと思います。

さてシビック・タイプRですが、無限(株式会社M-TEC)から「CIVIC TYPE R」用 無限パーツも発売されました

インテリアからエクステリア、パフォーマンスパーツまでいろいろ用意されていますが、
やはり一番気になったのが「カーボンエアロボンネット」です。

ドライカーボン製のボンネットはめちゃくちゃスポーティでカッコいいですね~

ボンネット裏面もドライカーボンを採用し、ノーマルと同等のインナーリブとすることで十分な強度も確保してるとのことです。
これなら車検も問題なさそうですね^^^

重量自体も4kgぐらいノーマルから軽量化されているそうです。
※ウェイト:約6.0kg(ノーマル約9.9kg)

気になる価格ですが、税抜100万円だそうです(^_^;)

続いてリアの「カーボンウイングスポイラー」です。

こちらもドライカーボン製(CFRP)で存在感抜群ですね!
サーキットでの実走テストを実施して開発されてCD値(空気抵抗係数)を上げることなく、CLR値(揚力係数/リア)の向上を実現しているそうです。

ちなみにこちらは税抜90万円です。。

ということで「カーボンエアロボンネット」と「カーボンウイングスポイラー」合わせてお値段は、190万円(税抜)

税込み価格で209万円+取付工賃となります(汗

N-BOXカスタム一台分くらいのお値段になっちゃいますね^^;

なかなかポンとつけられる方はいないでしょうが、実際につけたら注目浴びまくりでしょうね~♪

ということでシビックタイプR、ホンダ好きの憧れの一台ですね^^

それでは、また!

この記事を気に入っていただけましたら♥お願いします♪

ホンダ「シビック TYPE R(FK8)」の無限パーツ「カーボンボンネット」&「カーボンウイングスポイラー」のお値段が凄い・・・
この記事が気に入ったら「いいね!」Facebookでブログ最新記事の更新情報をお届けします♪
コメント0300 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK